読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岐阜モーニングのお作法

eat,food

今日は母が若かりし頃に喫茶店デビューしたという、近場で1番の老舗喫茶店ツルへ。美味なコーヒーにバタト・サラダ・茶碗蒸し。あと食後に昆布茶のサービスがうれしいなぁ。

 

f:id:pan_the_great:20160107182523j:image f:id:pan_the_great:20160107182546j:image
ここいらで岐阜のモーニングのお作法をご紹介。喫茶店でモーニングタイムに飲み物を頼むと、朝食セットが自動的についてくる。なので『モーニングセット1つ』とか頼んでるのは余所者。時間は店によって異なるが8時〜11時位まで。
標準的なセットは、バタト・サラダ・卵料理(茹で卵or温泉卵or茶碗蒸し)・デザート。これで大体400円前後。
 
野良仕事帰りの軽トラが止まっているのもまた、非常に岐阜い光景である。農家の朝は早く、一仕事終えて寛ぎのひとときをモーニングで過ごすの。
f:id:pan_the_great:20160107182439j:image

久々のセイロンドロップ

eat,food
f:id:pan_the_great:20160107183404j:image

本探しに神保町へ。日曜の神保町は人少なめだけど、問題集コーナーはお子でいっぱい。

そして久々のセイロンドロップでのランチ。アハサさん居なくなってから初だから本当に久々。スパイシーなチキンカレーとクリーミーなジャガイモにポルサンボルにダールにパパダム、ウマウマー!
タミル語皿が相変わらず素敵ー。そしてお土産にカラピンチャビスケット貰いました★
 

茗荷谷・グルドワーラへ

foreign culture
f:id:pan_the_great:20160107183904j:image

茗荷谷のグルドワラ=シク教寺院の礼拝に行ってきたよ!数年前からの課題だったけど、タイミングがあってやっといけたー!

お清めのあとは賛歌・法話、歌ありグルジの話ありで。ちなみにすべてパンジャーブ語だったので、ディスプレイに英語の対訳がついていました。小さなお子がお手伝いで読経したりあちこち走ったりしてて可愛かったなぁー。
 
最後にプラサダ(お祈りのお菓子)にダリアハルワと、ホーリーのためいつもより豪華なランガル(無料の食事)を頂きました。チャパティにアルー、ムングダール、グラブジャムーン、ダヒバラ、レモンのアチャール。いやー、美味しかったです。 
その後はグルジにお話聞いたり、冊子頂いたりしました。シクの人たちはフレンドリーで、常に気を使って頂き感謝!あったかかったなー。
日本でもアムリトサルの黄金寺院の映画『聖者の食卓』がジワリと人気出てきたようなので、このままシク教にもスポットが当たるといいなと思いました。
 
あとあの名作ボリウッド映画『bhaag Milkha bhaag』が奇跡の日本公開されてたのを初めて知った!超素晴らしいから見た方が良いです。フライングミルカ!昨年アエロフロート機内で見ましたが、もう一回見に行く!
f:id:pan_the_great:20160107184037j:image

バルセロナ!

travelin' around
f:id:pan_the_great:20160107184950j:image
採ったどー獲ったどー!カタール航空の羽田⇔バルセロナ便取ったどー!3月27日〜31日で行ってくる!キャー★
約63000円とかあり得ないプライス!でもトランジット時間も少なく、羽田から仕事帰りに行けちゃうのがイイね!
ついでにアンドラ公国とか行っちゃおうと思います!なんかオススメあれば教えてくださーい。とりあえずガウディ関連は見てくる予定です。

遊牧民の調べ

foreign culture
f:id:pan_the_great:20160107185342j:image
武蔵野公会堂で行われた【遊牧の民の調べコンサート -モンゴルの馬頭琴とカザフのドンブラ】に行きました。
 
モンゴルの馬頭琴は有名で演奏聴いたことはあるけど、ドンブラって何?とほぼ前知識無しで行きましたが、これがすこぶる良かった!
カザフ族の弦楽器・ドンブラの乾いてカラフルな音色が流れると、そこに一気に草原の地が見えた…なんでしょう、この走るようなある種のスケール感は!
 
馬頭琴は馬の尻尾に胴体には実は山羊の皮が使われており、馬の嗎や走る感じなどを表現するには最適の楽器なんだとか。これまたソロでもドンブラとのデュオでもとても素晴らしく、もう大感動!遊牧の民の想いや文化を存分に感じられた2時間でした★
開演後はサイン入りCDとドンブラキーホルダーを買ったよー!うひひ。
f:id:pan_the_great:20160107185424j:image

また一つ年をとりました。

今年は激動の一年だったけど、なんとか無事に生きて、そこそこ健康で、好きなご飯食べられて、こういう日常を送れることが、本当にありがたいことです。

ついでに転居しました。こんな感じで。新しいスタートを切るために誕生日に転居届を出すことにしたのだ。 そしたら区役所の窓口のお姉さんに「お誕生日なんですね。今日は大安ですし、良い日ですよ。」と言われ、ぐっときてしまった。。。いろいろなものに、感謝した日だった。

てなわけで、ことよろ!

f:id:pan_the_great:20160430023024j:plain

 

下北沢で古着の買い取りをお願いした

fashion

洋服が増えすぎたので処分することに。
いつもならネットの買い取り・ブランディアに頼むのだけど、最近はブランド縛りが厳しいので、古着の町・下北沢の店舗を回って買い取ってもらった。


★買い取りデータ★
A)服の種類…
 レディース春夏物中心と靴で10点ほど。
 ハンドメイドのシャツブラウス、国産古着ワンピ、プロバンスプリントのコットンSK、皮ジャケット、コットントップス(ドゥージィエムクラス)、ペーパー&デニムクローズのジーンズ、新品キャミソール、新品ハーフパンツ(IENA)。靴はハイメ・マスカロのパンプスとPOEのブーツ。基本USED。
B)持って行った店舗
 1)トランポイン、2)ラグタグ、3)グランドバザール、4)NEWYORK JOE EXCHANGES の4店舗。
C)日時
 3月某日、春夏物の買い取りにはちょうどいいシーズン。



◎結果◎
1)トランポイン
 最近、買い取りブランドと年数の厳選を始めていて、指定50ブランドの中の1〜2シーズン型落ち物しか原則買取してもらえなくなった。昔は少しくらい古くても、ちょっとお店の雰囲気に合ったものなら引き取ってくれてたのに残念。ということでお買取りナシ。
2)ラグタグ
 ここも基本的に1〜2シーズンものしか買い取らないそうだ。しかも査定が安いと聞いた。お買取りお願いするメリットはあまりなさそうだ。お買取りナシ。
3)GRAND BAZAAAAR
 芋北沢に6店舗構える、大手の古着屋。基本的にブランドがついている物でないと買い取りは難しいとのこと。ハイブランドでなくていいので、セレクトショップ系ならOKみたい。ハイメマスカロの靴だけお買取り、800円也。
4)NEWYORK JOE EXCHANGES
 一番街の銭湯、八幡湯の跡を古着屋に改装したお店。ヘイト&アシュバリー系列とは知らんかった。とにかく何でも引き取ってくれ、店のテイストに会わない物は10円/kgで引き取ってくれるそーな。また、ここのシステムは買取ユニーク。店頭で実際に販売する値段を教えてくれ、その30%の現金、もしくは60%分の店内商品に替えるか、のいずれかが選べる。面白いな!
 結局値段が出たのは、国産古着ワンピ・ハンドメイドのシャツブラウス、コットンSKの3点で1000円チョイ。他は全部キロ買いになりました。ブランドの有無は関係なく、個性的でユニークなものがお買取りポイント上がりそうですね。というわけで、ヴィンテージとかも買い取ってくれそうでありがたいです。


結論としてはセレショ系ならまずブランディア、そこで買取NGならグランバザール→NJEへ、というのがイイみたいです。もちろん、この業界はそのときの相場や人気に左右されますので、今がこの結果になったから次の年も…というわけにはいかないのだけど。何かの参考にしてください。