読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下北沢で古着の買い取りをお願いした

洋服が増えすぎたので処分することに。
いつもならネットの買い取り・ブランディアに頼むのだけど、最近はブランド縛りが厳しいので、古着の町・下北沢の店舗を回って買い取ってもらった。


★買い取りデータ★
A)服の種類…
 レディース春夏物中心と靴で10点ほど。
 ハンドメイドのシャツブラウス、国産古着ワンピ、プロバンスプリントのコットンSK、皮ジャケット、コットントップス(ドゥージィエムクラス)、ペーパー&デニムクローズのジーンズ、新品キャミソール、新品ハーフパンツ(IENA)。靴はハイメ・マスカロのパンプスとPOEのブーツ。基本USED。
B)持って行った店舗
 1)トランポイン、2)ラグタグ、3)グランドバザール、4)NEWYORK JOE EXCHANGES の4店舗。
C)日時
 3月某日、春夏物の買い取りにはちょうどいいシーズン。



◎結果◎
1)トランポイン
 最近、買い取りブランドと年数の厳選を始めていて、指定50ブランドの中の1〜2シーズン型落ち物しか原則買取してもらえなくなった。昔は少しくらい古くても、ちょっとお店の雰囲気に合ったものなら引き取ってくれてたのに残念。ということでお買取りナシ。
2)ラグタグ
 ここも基本的に1〜2シーズンものしか買い取らないそうだ。しかも査定が安いと聞いた。お買取りお願いするメリットはあまりなさそうだ。お買取りナシ。
3)GRAND BAZAAAAR
 芋北沢に6店舗構える、大手の古着屋。基本的にブランドがついている物でないと買い取りは難しいとのこと。ハイブランドでなくていいので、セレクトショップ系ならOKみたい。ハイメマスカロの靴だけお買取り、800円也。
4)NEWYORK JOE EXCHANGES
 一番街の銭湯、八幡湯の跡を古着屋に改装したお店。ヘイト&アシュバリー系列とは知らんかった。とにかく何でも引き取ってくれ、店のテイストに会わない物は10円/kgで引き取ってくれるそーな。また、ここのシステムは買取ユニーク。店頭で実際に販売する値段を教えてくれ、その30%の現金、もしくは60%分の店内商品に替えるか、のいずれかが選べる。面白いな!
 結局値段が出たのは、国産古着ワンピ・ハンドメイドのシャツブラウス、コットンSKの3点で1000円チョイ。他は全部キロ買いになりました。ブランドの有無は関係なく、個性的でユニークなものがお買取りポイント上がりそうですね。というわけで、ヴィンテージとかも買い取ってくれそうでありがたいです。


結論としてはセレショ系ならまずブランディア、そこで買取NGならグランバザール→NJEへ、というのがイイみたいです。もちろん、この業界はそのときの相場や人気に左右されますので、今がこの結果になったから次の年も…というわけにはいかないのだけど。何かの参考にしてください。