読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WAY&ORGANIC COTTON FAN CLUB Vol.3

前回につづきオーガニックコットンファンクラブへ。
今回の会場は、オープン前のWIRED CAFE<>FITという、代々木公園内にあるワイヤードカフェとフィットネスクラブの複合した面白い形態のとこだったので、イベントの前にフィットネスの方でWAYというプログラムに参加しました。『WAY=ノルディックウォーキング・アンド・ヨガ』の略で、ノルディックウォーキングで身体と心を開き、その後ヨガをやることでその意識を内面に向けやすくする、というものらしい。

ノルディックウォーキングは、スキーや山登りで使うストックを使ったウォーキングで、北欧でも大流行なんです!』とインストさんから説明を受けて、いよいよ本番。敷地内の芝生で歩く練習をしたあと、外に出てなんと大胆にもNHK前広場を突っ切って代々木公園の中央広場へ。総勢20名のトレーニングウェアとストックを持った女子集団・・・、今日はアースディ・マーケットが開かれていたのでとっても注目されててハズカシカッター。でもヨヨコーの自然を目いっぱい満喫、都心にこんなに緑があふれているなんて・・・とちょっと感動。いい感じに身体が温まり、その後のヨガも半屋内のスタジオでとっても気持ちよくアーサナができた。このプログラム、いいですね。今後は要チェキ!(古)


ORGANIC COTTON FAN CLUB Vol.3
イベントの方は、OGにかかわる難しい部分についての話が多かったと思う。ウガンダのOGについての問題は、

  • 認証にかかる経済的負担、零細農家の識字率、家内制手工業形態
  • OGの正義とマラリア撲滅の正義がぶつかること
  • 少年兵の保護区とお金にからむ問題
  • ゲリラはOGの畑でなくトラックを襲うこと
  • 貧しい地区の学校はノート1冊・鉛筆1本が貴重で、なくすと退学になること
  • 綿の種類・それぞれの品種に向き・不向きの衣料品があること
  • 990円デニムは米の経済悪化で出たキャンセルされた生地で出来てたこと、今は底を尽いたこと
  • 少年労働とOG認証の問題

などなど。今日もいろいろと知ることができて本当によかった。やっぱり、現地に行かれている方の生の声をきくのが、いちばん説得力がある。



最後は併設のカフェにてヘルシーフードで〆。