読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国分寺へ

仕事帰りに久々に恩師に会いに国分寺へ。(ってもつい先日一緒に呑んでますが)
大学までの道のりに広がった風景は、変わったのもあれば変わらないのもあって。TARAやキッチン北原にフジランチ、POOH' HOUSE、トネリコ、SAKURAなどが健在なのには安心安心。でも当時贔屓にしていた花屋が縮小して1店舗になってたことに不況の風がひしひしと寄ってるのを感じる。
道すがら、あの道で研究室の男の子(結婚オメ!)と自転車2ケツしてたら超スピードでケーサツに追っかけられたなあ、とか、あそこの道端で当時の親友とエンエンと泣き崩れるくらいまで話をしてたなあ、とか、思い出にひたる。当時好きだった男の子のことも思い出してキュンとなる。やんちゃしてた日々でしたが、今ではみんな立派に教育職についてるみたいです。へー。


学生時代のことを昨日のことのように本当にリアルに覚えているのに、あれからもう10年経つことにビックリ。若さってやつ、その渦中にいる間は分かってる風に思っていたのに過ぎ去ってみるまで本当の意味では分からないものなんだね。
6年半住んでいたこの街が、自分にとっては東京の原点なんだと実感する。都心より空が道が土地がひらけていて、ここに比べると世田谷の空はなんてせまいんだろうと思う。