読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある視点から、ある男より

 うーーーん、こりは困ったことになったなァ、、、、でも今までで一番テンパってたときよりかはましかな。しょうがないっちゃあしょうがないし、まっ、なるようにしかならないかァ・・・。本当、ボクちんのミスで彼女にもショック与えちゃって悪かったな〜。今頃凹んでないといいけど。寝る前に一本メールでも打っとこうっと。

 それよりこの前の晩、彼女が凄く可愛く見えちゃって、あれ、やばかった〜。思わずいかがわしい事考えちゃったもんネェ、、、おっと、イカンイカン。彼女をボクちんの欲望に巻き込んではイケマセン。あの時はお酒入ってたし気分良くて思わず肩とか調子に乗って組んじゃったりしたけれど、気分害していないかなぁ〜。。。あの人に嫌われたら、今年イッパイ仕事にならないからねー。。。明日職場に行ったら、壁向いて仕事してたりして。そんでもって一言も口聞いてくれなくなったりして。怖ぇーよー。。。『ぼくの感情はどこへも到達シマセン。』こう言い切っとけば、多分辛抱できると思うし、彼女も一応警戒解いてくれると思うんだけど・・・ふぅむ。

 とりあえずオジサンはがんばってそーゆーことを考えないようにしよう。といいつつ、なんだかオジサンはたのしくなるのですよ。あと20年若くて病気持ちじゃなかったら、あの子に確実にアタックしてたんだけどナー。惜しいねぇ〜。神サマのイジワル。
 あ、今日はカミさんもいないし、帰って家族の食事を作らないとなー。仕事の残りもやらなきゃいけないし。というわけで先帰るぞー。あとヨロピク〜★