読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去から僕への招待状

みんなはフジからあけて現実に戻ってきた。ROSESは周りはよかった!と言ってるけれど、どうも評価が2分しているみたい。でもオリジナルメンバーでのライブは見たかったなあ。単独来日してほしいなー。★ ひっくりかえるような暑さの中、出張で某体育館に行っ…

わたしをうごかすもの

毎日を過ごしていると、思っていてもままならないことや、最後の最後で慎重に進めていた物事がダメになるときもたくさんあって、そのたびに関係者に対して『ちくしょう』とか『どいつもこいつも』などという呪い文句を心の中に立てたり、カーっとなった感情…

訃報

親しくして頂いていたご家族の方が、ニュースで大々的に報道されていたような事故により、お正月にご一家とも亡くなられてしまいました。 正直いってショックで、事実として受け止めきれてません。 なんでこんな・・・。 手元にはご家族の方と一緒に写ったビデ…

悪魔は泣いたり笑ったり

今朝一番にとっても悪い夢を見た。職場で一緒のチームの相方が、半年前の不始末の処分として、職務を降ろされる夢。この人が抜けて自分1人になったら、絶対にやっていけない。大好きで今最も信頼している人。それを、なんで?!どうしてこんなことに・・・って…

『悲しい結果』エピローグ

mixi日記からの続きです。 あの悲しい結果については、もう最初の晩に予感していた気がした。自分が今日1日、ローラー作戦に加わらずに自宅にいたのも、そういった諦めの心があったからだと思う。このひとでなし、と思う。自分のことを。 新宿に洋服を用意…

孤独のエアポケット

楽しかった騒ぎの後に独りきりになると、ポッカリ穴が開いたみたいに孤独の中に落ち込んでいく。昂ぶっている状態のまま名残を惜しみつつ、今度は1人で放り出されるのだから、その落差はどこかでクールダウンしなくては。それは心と環境のバランスを取るこ…

anything happened?

今日起こったことが幻のようだった。

5年

その人の何に惹かれるかって、要素は色々とあるのだと思うけれど、結局は生き方だったり、重ねてきた年月のあり方だったり、思想だったりするわけで、それは一言で言えば"価値観"なんだと思う。それは時に、彼の人の外見や衣服や持ち物や発言や態度や好きな…

『loveless』

皮肉にもその音楽のタイトルは、私と貴方との関係性を表していた。Lovelessアーティスト: My Bloody Valentine出版社/メーカー: Sire / London/Rhino発売日: 1991/11/05メディア: CD購入: 13人 クリック: 110回この商品を含むブログ (336件) を見る貴方と出…

我々が立っていた場所

貴方は彼女以外の女性を必要としていた。初夏から貴方に纏わりついていた、不穏な空気から逃れるために。そしてそのとき、傍にいたのが私だった。 貴方は自然に私を求めた。私はそれに応えた。それは一種の取引だといえた。 また今、今度は私の周りに不穏な…

あなたがいったとおりだった夜。

- ”僕が思うに、言葉なしに伝わることはあるだろうけど、それは何が伝わっているのか自分でもよくわからないもの。言葉にならないものを存在していない、ということも一つの方便ではあるけども、僕はそんなあやふやな船に乗り込むのも好きです。―中略―でもね…

追記―暗き夜にて貴方のことを

2006年4月12日 彼を忘れてゆくことが怖くなった。自分が好きだった彼の部分は、自分がそうなりたいと願う姿だから。彼以外の人を愛することにより、彼の存在が私の中から消えてゆくのが怖い。それは、新しい自分を拒否すること? 私は彼を忘れたいと…

静かに

あなたのことが思い出される。 理由はひとつ。それはもうすぐ夏がやってくるからだ。夏――それはあなたにとってもわたしにとっても、特別な出来事がおこる時期だった。その多くは、春もしくはその前の秋や冬にはじまった物語が、終わりを告げることだった。1…

zakky

5月17日(水) 一日の終わる時間。 あなたが"再び" 美しく呼吸をはじめたのを知る。 永い間土の中でひっそりと息を潜めていた。 誰にも気づかれることの無いようにゆっくりと、 沈殿しながら・・・ 久方ぶりに出会ったあなたは、とてもしなやかになっていた。 …

親愛なる日記への返答

2006_3_11私が彼のことを考えるのは、彼との間にあった事柄に、まだ見出すべき何かが残っているから?彼との記憶は、私が別の人と寝れば薄れていくのか?徐々に私の体の記憶から、彼の存在を締め出してゆく・・・。あの時、本当は彼も気づいていたのかもしれな…