カリーヌコレクション見てきたよ

ユニクロ×カリーヌのコレクション第2弾を見てきたよ@吉祥寺前期のテイストを踏襲した、辛口フェミニンなコレクション。万人向けとは言いがたいけれど、個人的には結構スキなテイストです。色調が黒・カーキ・グレーとダークで、一歩間違えるとビジュアル系…

"音楽と言語はどのぐらい、どう似ているのか?" -菊地成孔氏講演会

"音楽と言語はどのぐらい、どう似ているのか?" 東京外国語大学通訳コース卒業記念講演にて行われた、菊地成孔氏の講演会に行ってきました。通訳コースのイベントで英語の同時通訳があったため、堅苦しい音楽専門用語を極力使わない、でも滅茶苦茶おもしろい…

『口裂け女in LA』

渋谷ヒューマントラストシネマにて見てきました。 ジャパニーズホラーin アメリカ。そこに日本のサブカルチャーの極みとも言えるメイドカフェ、こっくりさん、陰陽師、そして白人のオタクたち…。ホラーだけどB級風味でかなり笑いっぱなしの映画でした。 個人…

1.羽田/いってきまーす

【2015-2016 ラオス・HMC・シンガポール年越し旅日記1】 これから1月4日まで脱日本です。今年は年始5日春5日夏18日年末6日の計34日という自分史上最長に海外にいた1年だった。色々思うところがありますが、旅で得たものを日々に還元できる職業に就いているこ…

2015年のイフタール

イスラム教ではラマダン月に入り(Ramadan Mubarak!)、この時期恒例のイフタール(断食明けの食事)を東京ジャーミィで頂きました。 メニューはメルジメッキチョルバ(レンズ豆スープ)・羊のコフタ(ミートボール)・プラウ・チョコプリン。名物ムスリムの下山さん…

オスマン・トルコ、現代の東京に蘇る

日本-トルコ間の友好の礎となったエルトゥールル号遭難事件から125周年を記念して、オスマン・トルコ時代の軍楽隊『メフテル』が表参道を練り歩いたのを見てきたよ! パレードには来日中のトルコ海軍も合流していましたが、めっちゃフレンドリーで、かつ東京…

松庵文庫

ようやく行けたー。ゆるやかな午後の陽射しに、満開のツツジの花が綺麗。何をするでもなく、目の前の本棚にあったよしもとばななの本をペラリペラリと。 休日のこの季節は混むようで、併設の売店で少し待ちました。びわこふきんやかわいいカゴなどがあって良…

岐阜モーニングのお作法

今日は母が若かりし頃に喫茶店デビューしたという、近場で1番の老舗喫茶店ツルへ。美味なコーヒーにバタト・サラダ・茶碗蒸し。あと食後に昆布茶のサービスがうれしいなぁ。 ここいらで岐阜のモーニングのお作法をご紹介。喫茶店でモーニングタイムに飲み物…

久々のセイロンドロップ

本探しに神保町へ。日曜の神保町は人少なめだけど、問題集コーナーはお子でいっぱい。 そして久々のセイロンドロップでのランチ。アハサさん居なくなってから初だから本当に久々。スパイシーなチキンカレーとクリーミーなジャガイモにポルサンボルにダールに…

茗荷谷・グルドワーラへ

茗荷谷のグルドワラ=シク教寺院の礼拝に行ってきたよ!数年前からの課題だったけど、タイミングがあってやっといけたー! お清めのあとは賛歌・法話、歌ありグルジの話ありで。ちなみにすべてパンジャーブ語だったので、ディスプレイに英語の対訳がついてい…

バルセロナ!

採ったどー獲ったどー!カタール航空の羽田⇔バルセロナ便取ったどー!3月27日〜31日で行ってくる!キャー★ http://www.qatarairways.com/jp/jp/homepage.page 約63000円とかあり得ないプライス!でもトランジット時間も少なく、羽田から仕事帰りに行けちゃう…

遊牧民の調べ

武蔵野公会堂で行われた【遊牧の民の調べコンサート -モンゴルの馬頭琴とカザフのドンブラ】に行きました。 https://www.facebook.com/events/1512527452341415/ モンゴルの馬頭琴は有名で演奏聴いたことはあるけど、ドンブラって何?とほぼ前知識無しで行き…

また一つ年をとりました。 今年は激動の一年だったけど、なんとか無事に生きて、そこそこ健康で、好きなご飯食べられて、こういう日常を送れることが、本当にありがたいことです。 ついでに転居しました。こんな感じで。新しいスタートを切るために誕生日に…

下北沢で古着の買い取りをお願いした

洋服が増えすぎたので処分することに。 いつもならネットの買い取り・ブランディアに頼むのだけど、最近はブランド縛りが厳しいので、古着の町・下北沢の店舗を回って買い取ってもらった。■ ★買い取りデータ★ A)服の種類… レディース春夏物中心と靴で10点ほ…

ミャンマー&台北へ

年末にミャンマーに行ってきます。で、エアーを探したところチャイナエアラインの成田出発・往復28000円という激安チケットを見つけたので、迷わずそれにした。サーチャージ込でも55000円位。安いな! でこのチケット、行きに台北で宿泊を伴うトランジットが…

過去から僕への招待状

みんなはフジからあけて現実に戻ってきた。ROSESは周りはよかった!と言ってるけれど、どうも評価が2分しているみたい。でもオリジナルメンバーでのライブは見たかったなあ。単独来日してほしいなー。★ ひっくりかえるような暑さの中、出張で某体育館に行っ…

イフタールを頂いた

先週の土曜(7月21日)から、イスラームではラマダンに入ったんですね。 それで、東京ジャーミィで、断食後の食事=イフタール がなんと無料で振る舞われるという、きわめて太っ腹な企画をやっていると聞き(できれば寄付が望ましい)、同僚の初級イスラ…

フローとストック

えーと、昨年の春あたりからtwitterをはじめたのですが、そしたらこっちの日記をすっかり書かなくなってしまったんですね。ツイッターの手軽さと便利さは本当ハンパない。でもつぶやきって、感情を瞬間的に、そして小出しにするため、重要なことをつぶやいて…

2012年の旅

夏も本番に入り、暑い日と涼しい日が繰り返されますねー。7月いっぱいは自宅ではクーラーなしで頑張るつもり。とりあえず今日まではノークーラーでいけてます。割と余裕。★さて今年の旅行ですが、ユーゴスラヴィアに行ってきます。実に6年ぶりの再訪。 き…

■中東に行った理由

で、現セクションの同僚たちともジワジワ仲良くなったのですが、1人旅スキの女の子がいるんですね。 彼女は夏にヨルダン行を検討するも治安上の理由で断念し、東南アジアに行くとのこと。私が中東に行った時の話をすると、いつもすごく顔を輝かせて話を聞い…

■異動

えーこの春に新しい職場に異動し、東京の都会から田舎へとやってきました。 新しいところは超!大規模な事業所なので、前の職場に比べて融通の利かないことも多くてちょっとストレス。でも前職場の管理職だった恩人が現職場の所長と栄転されてて、今回の異動…

マレーシア&カンボジア

行ってきます。初エアアジア。 12月24日から30日まで。クリスマスぶち抜きで仏教に浸ってきます。ふふ。 旅ねたばっかですが、私生活のほうも充実してて仕事が絶好調。なんであまり心配事なくいってこられそうかな。 - 過去にも書いたけど、あったかいとこVe…

コーカサス!

どーも。ツイッターにかまけてる間にこっちはずいぶんとご無沙汰だったなあ。今年の夏は、コーカサス(カフカス)へいきます。現在VISA取得におわれる日々。アゼルバイジャンのビザが空港取得できなくなったのは痛い限り。 ついでにアエロフロートのトランジ…

メルジメッキ・チョルバスつくったー

【メルジメッキ・チョルバ】=レンズ豆スープ トルコのポピュラー料理。お味噌汁みたいな存在。アラビア語では【ショルバ・アッダス】とも。 - 作り方はとても簡単で、レンズ豆と刻んだたまねぎ1/4と塩小さじ11/2を入れ、ぐつぐつ20分あくを取りながら…

ダマスカス地図ですー

『ノルウェイの森』見てきたよ

ネットで酷評されてたので、どんなんなんだろなーと思って観賞。トラン・アン・ユン監督は過去作をすべて見てて結構好きなので、楽しみにしていました。結果・・・とっても面白く最後までスクリーンに釘付け やー、すごいものを見てしまったというのが最初の感…

●暇旅日記12:1日で2つの国境を越える日。【1】レバノン→シリア その2

8月6日(木)13:30 現在地:シリアとレバノンの国境、アル・カーア - ここの国境越えはセルビスで。徒歩でもできるっぽいが難易度高そうなので素直に乗ってく。バールベックまで700sp(=約1400円) そのうち人数が集まって出発!になるも、妙な杖を持…

●暇旅日記11:1日で2つの国境を越える日。【1】シリア→レバノン

8月6日(木)現在地:シリア・ハマ ここからクラック・デ・シュバリエ城を見て、レバノンへ陸路で国境超え。そのままレバノンのバールベック遺跡を見て、ベイルートへと移動し空路でキプロス島へ・・・。 この旅程を1日でこなさなくてはならない。1日で2つ…

●暇旅日記10:死の町探訪、そして水タバコ初体験

8月5日(木) 朝7時 今日はリヤドホテルのアレンジツアーで、ハマ近郊の遺跡を1日かけて回ります。ルートは下の通り アパメア遺跡(石柱が美しい、1世紀に栄えた都市の遺跡。パルミラに似ている) サラディーン城(世界遺産。サラディーンのファンは必…

●暇旅日記9:TJさんとの別れ、そして『Keren、You saved me!』

- 8月4日 昼 パルミラからホムス行きのバスへ。 ホムスからTJさんはアレッポへ、私はハマへと向かう。1週間ちかく続いたTJさんとの旅も、これで終わりと思うととてもさびしい。最後の最後に、UKロックや2000年前後の日本の音楽シーンの話をひとしきりする…